ルテイン おすすめ

ルテインが高齢者におすすめされるのはなぜ? 

 

高齢者が積極的に摂取しておいた方が良い栄養素は山ほどありますが、中でも最近話題を呼んでいるのが、ルテインだそうです。ルテインとは、天然色素であるカロテノイドの一種で、高い抗酸化作用を有すことで有名な栄養素です。では、なぜそのルテインが高齢者におすすめされているのでしょうか?

 

それは、老眼や霞みといったちょっとした目のトラブルから、白内障や緑内障などの本格的な眼病まで、ルテインは予防したり軽減したりしてくれるからです。詳しく言うと、そうした目のトラブルや病気の原因は、網膜や水晶体が紫外線や可視光線に晒されたせいで酸化したことであるため、ルテインの持つ高い抗酸化作用が効くのだとか。

 

高齢ともなると、体の筋肉も衰えてただでさえ思うように動けなくなるのに、更に目まで上手く機能しないようになったら何時ケガをするか分かりませんから、ルテインである程度防げるなら安いものだと思います。

 

しかし、このルテインは残念なことに、人間の体内では生成されない類の栄養素みたいです。そのため、意識して体外から補充する必要があるんです。ただ、目の健康を本格的に考えると、1日の必要量は20mgと言われているため、ホウレン草やケールなどの食品ではなく、サプリメントで摂るが効率的とのことでした。

 

 

薄層クロマトグラフィーで分離されたルテインは何色?

 

ルテインは、自然界に存在する色素であるカルテノイドの1つです。では、ルテインは何色の色素なのでしょうか?そうしたことを調べるために、薄層クロマトグラフィーという実験があるそうです。それによってルテインだけを分離した画像を見たところ、黄色が浮かび上がっていました。

 

つまり、ルテインは黄色の色素なんですね。そのため、マリーゴールドからよく抽出されるそうです。また、最近ではその効能が注目され、サプリメントの需要も伸びているみたいです。なんでも、紫外線や可視光線の光を吸収することで、水晶体や網膜が酸化することを防いでくれるのだとか。

 

つまり、白内障や緑内障といった眼病予防に良いということです。目に良い成分と言うと、アントシアニンという赤い色素がよく挙げられますが、それが効くのは精々眼精疲労に留まるそうです。つまり、眼病まで予防できるとう点で、アントシアニンよりもルテインの方が優れているんですね。

 

しかし、ルテインで眼病を予防するには、1日につき最低でも20mgは摂取しなければいけないため、ルテインサプリメントの中でも高濃度にルテインが配合されたものを選ぶ必要があります。そのため、サプリメントを購入する際は、入念にルテイン含有量をチェックすべきとのことでした。

 

 

英語で書かれているけど安心のルテインサプリメント! 

 

ルテインのサプリメントは、日本のメーカーから色々と販売されていますが、眼病を予防したり改善したりするために飲むにはちょっと不十分という場合が、意外と多いそうです。具体的には、眼病予防や眼病改善のためだと、ルテインは1日につき20mgは最低摂取しなければいけないところ、それくらいの量が配合されている日本製のルテインサプリメントは数が限られているんですね。

 

一方、海外のルテインサプリメントには、1粒につき20mg以上ルテインが配合された、高濃度タイプのものも多いそうです。例えば、ドクターズチョイスから販売されている、「ルテイン40mg」。商品名からも分かる通り、1粒につき40mgものルテインが配合されています。

 

そのため、白内障や緑内障の患者さんが、眼科から処方された目薬と並行して服用しているケースも多いのだとか。もちろん、日本製ではないため説明書などは全て英語ですが、ドクターズチョイスという大手メーカーから販売されていますから、品質に関しては折り紙付きとのことでした。

 

また、値段も1月分につき5000円程度と、ルテインが1粒につき40mgも配合されている割に、お手軽価格となっています。そのため、日本での人気も年々上がっているそうです。

 

 

ルテインにはエステル体とフリー体がある!? 

 

ルテインは体内では生成されませんが、人間は生まれながらにして一定量のルテインを有しているそうです。詳しく言うと、目の水晶体や網膜に「フリー体ルテイン」というのを有しているとかで。しかし、これは生きる上で目に紫外線や可視光線を浴びるとどんどん消費されてしまうため、体外から意識的に補充する必要があります。

 

そこで推奨されるのが、ルテインのサプリメントなのです。しかし、ルテインのサプリメントと言っても、どれも同じという訳ではないそうです。なんでも、配合されているルテインが、「フリー体ルテイン」のものと、「ルテインエステル体」のものとがあるのだとか。

 

「ルテインエステル体」とは、「フリー体ルテイン」が脂肪酸と結合したもので、体内で吸収される際に脂肪酸から離れるそうです。つまり、ルテインサプリメントに含有されたルテインが「ルテインエステル体」だと、記載されたルテイン含有量よりも少ない量しかルテインを摂取できないことになります。

 

となると、パッケージに記載されたルテイン含有量だけを鵜呑みにしない方が良いんですね。そのため、ルテインのサプリメントは購入する前に、配合されたルテインが「フリー体ルテイン」か「ルテインエステル体」のどちらなのかを確認すべきとのことでした。

 

 

ルテインで薄毛を防げる! 

 

若い内に薄毛になる場合、原因として遺伝がよく挙げられますが、実は単なる血行不全である場合も一定数あるそうです。つまり、血流が悪くて髪に十分栄養素が行き渡らないため、髪の毛がちゃんと育たないんですね。特に、首筋や肩が凝っていてそこの血行が悪くなっていると、薄毛が引き起こされやすいみたいです。

 

では、首筋や肩の凝りをよく解せば良いのかと言うと…どうもそう単純な話ではないそうです。なんでも、首筋や肩は、そこに力が入っているから凝るのではなく、ある部位に疲労が溜まっていると、連動して凝ることになるのだとか。その部位とは、目。つまり、眼精疲労が間接的に薄毛を引き起こすということです。

 

そこで、摂取すると良いのがルテインだそうです。ルテインとは、色素であるカルテノイドの一種で、水晶体や網膜に存在する栄養素です。そして、高い抗酸化作用によって目の組織を活性化させることで、眼精疲労を軽減してくれるのだとか。

 

そのため、首筋や肩の凝りも改善し、血流も良くなり髪に栄養素が行き渡るようになるため、薄毛も防ぐことができるそうです。ただし、ルテインは人間の体内では作り出せない類の栄養素でもあるため、意識的にサプリメントなどで摂取すべきとのことでした。

 

お菓子でルテインが摂れる!?

 

ルテインは、目の健康に重要と言われている栄養素の1つです。しかも、アントシアニンのように眼精疲労だけでなく、白内障や緑内障などの本格的な眼病まで予防することができるのだとか。パソコンやスマホの普及に伴い、可視光線によって目を酷使することの多い現代人は、是非摂取した方が良さそうですね。

 

しかし、ルテインが含まれている食品は、ホウレン草やカボチャ、アスパラ、ブロッコリー、トウモロコシなど、食べる前に炒めたり茹でたりといった調理が必要なものばかり。となると、毎日お手軽に摂取、という訳にはいきません。そうかと言って、サプリメントというのも味気ないです。

 

そこで、何か良い方法がないか探してみたところ…ルテイン入りのお菓子があると分かりました。例えば、ロッテから販売されている「ショコラにPLUS+」。大粒のチョコレートの中にブルーベリーが入っていて、1袋食べると2mgのルテインを摂取できるそうです。

 

また、トップバリュの「生チョコタルト ブルーベリー味」という、ブルーベリー果汁入り生チョコレートとミルクチョコのタルト菓子にも、同量のルテインが配合されているみたいです。こうして見ると、ルテインは意外と美味しく簡単に摂取できるんですね。

 

 

ルテインに育毛効果は無いけど… 

 

薄毛を改善するためには育毛剤を使用するしかないイメージでしたが、最近ではある栄養素のサプリメントを摂取することでも、同様の効果が見込める場合があると分かっているそうです。その栄養素とは、ルテイン。ルテインとは、自然界に存在する色素であるカルテノイドの1種です。

 

となると、別に育毛には何の関係も無いように思えます。実際、ルテインについて調べてみると、髪に関する特段の効果は記されていませんでした。しかし、育毛剤のように直接的にではないものの、ルテインには薄毛改善効果を期待できるのも事実みたいです。つまり、間接的に効果を及ぼしてくれるということですね。

 

具体的には、眼精疲労を改善することで首筋や肩にかけての血行を良くしてくれるのだとか。確かに、薄毛は首筋や肩の血行が悪くて、髪の毛に十分な栄養素が行き渡らないことでも生じると言いますからね。そのため、首筋や肩の血行不全の原因である、眼精疲労をルテインで改善すると、間接的に正常な育毛も促せるそうです。

 

ちなみに、ルテインは高い抗酸化作用を有している関係上、眼精疲労だけでなく、白内障や緑内障といった本格的な眼病まで予防してくれるため、パソコンやスマホのせいで1日を可視光線に晒されている現代人は、目の健康のためにも摂取しておいた方が良いそうです。